読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト主婦の合理的生活

ADHDタイプ、子持ちの主婦が、合理的でシンプルな生活を送るための試行錯誤を記したブログです。

0〜1歳児と飛行機に乗るまとめ

現在1歳4ヶ月の我が子。

両実家が遠方なこともあり、すでに7回飛行機に乗っています。
旦那は激務なため里帰りはほぼ私1人で行っており、子連れ飛行機にも随分慣れたものです…
今回は私なりに乳児を飛行機に載せる手順をまとめました。
 
〜予約編〜
◯空いている場合は7列席のど真ん中を予約する
インターネット上では子連れの席はマークがつくため隣を予約される確率が減り、場合によっては丸々3席を使わせてもらえる場合がある。
※他の子連れの席があれば、近いと何かと親近感がもて、ホッとします笑
 
◯なるべく平日の昼便を予約する
空いている確率が高く、お客さんも主婦や高齢者が多いため、サラリーマンが多い時間帯より寛容な方が多い印象でした。
また後に記載するが、子供の昼寝の時間に合わせて乗るのが鉄則です。
 
〜空港到着編〜
◯少し早めに到着し、ロビーで遊ばせとにかく体力を削る(この時なるべく授乳をしない)!
大抵の空港にはキッズスペースがあるので、そこを利用するといいでしょう。とにかくここで体力を削ってください!
まだハイハイができないうちはとにかくベビーカーでお散歩するといいかもしれません。ちなみにベビーカーは搭乗カウンターで借りられる場合が多いです。
この時、眠そうにしていても寝かさないことが肝心!飛行機の中でハツラツとされた時には、結構大変です笑
 
◯優先搭乗はしない
早めに乗ると大変な時間が増えます…。
 
〜飛行機の中編〜
◯離陸の直前に授乳を開始する
授乳ケープ必須!耳抜きの意味もあるので、ぜひおすすめします。うちの子は遊び疲れてこの授乳で大抵寝てしまいました笑
卒乳している子は水でもいいみたいです。トントンで寝かせましょう。
 
◯始めてのおもちゃを準備しておく
参考に我が家が用意したもの
・コップ重ね
・絵本
・100円ショップのお絵描きボード
・シールブック 等
その他、いないいないばぁ等好きなテレビ番組をタブレットに入れて音無で見せていました。あまりよくはありませんが、背に腹は変えられません…
おやつ等も用意したほうが無難です。
 
 
以上が我が家の飛行機を乗る際のまとめでした。お役に立てれば幸いです。
 
広告を非表示にする