読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト主婦の合理的生活

ADHDタイプ、子持ちの主婦が、合理的でシンプルな生活を送るための試行錯誤を記したブログです。

一生ものは買わない。手放しやすいもので身軽になりたい。

思考

自分でも呆れる程のものを買って、

自分でも呆れる程のものを捨ててきました。
 
 
あこがれのブロガー達の部屋を見て、「いいもの」「こだわりのもの」「一生もの」を探し続け、少しでも気に入らないものはどんどん捨てました。
 
断捨離やこんまり流お片付けがもてはやされていたので、捨てることに対して罪悪感はゼロでした。
 
常にときめくものを探し続け、ネットで商品を探し、徹夜してしまうこともしばしば。
 
元々ものに対するこだわりが強く、「本当に気に入ったものに囲まれて暮らしたい」という思いが先走っていたように思います。
 
そんな状況から目が覚めたのは、アルバム整理をしていたときのこと。
5年分の写真画像を見ながら、ふと気が付いたことは、
 
「5年前の身の回りのものはほとんど今残っていない」
 
ということでした。
 
そのときに素晴らしい、一生ものと感じたものでも、私はすぐに飽きて他のものを探していたんですね。
 
最初はそんな自分を酷く責めました。
まるで雑誌にでてくるような、高価なものを丁寧に使い続ける自分を目指していたからです。
 
でも、考えは変わりました。
 
飽きて当然なんです。だって自分があまりにも変化しているから。
 
学生から社会人へ、独身から結婚、出産を経て、好みや必要となるものも変わって当たり前。
 
昔は大好きだった森ガール風の本革ボストンだって、10キロの子供を抱っこしている今の私には重すぎます。
 
あんなに苦手だったナイロンのバッグが大好きになりました。
 
それに私は本当にズボラだから、ものの管理が上手じゃない。いいもの、高価なものは気を張って管理しなきゃいけないけど、私には難しい。その時間を他のことに使いたい。
 
憧れていた丁寧な暮らしは自分には向かない、人によく見られたいという願望を捨てようと納得できたとき、心が軽くなったのを覚えています。
 
 
これからも自分の人生は変化し続けると思います。そのときにものが足枷にならないよう、手放しやすいものを少量だけ持って身軽に暮らして行きたいと思います。
 
 
 
 
広告を非表示にする