読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト主婦の合理的生活

ADHDタイプ、子持ちの主婦が、合理的でシンプルな生活を送るための試行錯誤を記したブログです。

【職場復帰に向けて】不安要素を挙げてみるその①

職場復帰に向けて準備中

保育園も決まり4月の職場復帰に向けて準備を進めております。が、本当にやっていけるのだろうか・・・」というモヤモヤがずーっと胸の中で暴れておりますので、客観的に対応策を検討するためブログにアップしてみます。ただの日記になりますがお付き合いください。

【現状】

  • 両実家とも遠方、普段のサポートは受けられず。妻側の実家は親自体が高齢なこともあり突然のヘルプは対応不可。夫側は月一でこちらに来てくれているので、タイミングが合えばお願いできるか?
  • 私が働くことに対しては消極的かつ超超超激務な夫は看病のための休みを取れる気配はない。
  • 私はADHD傾向があり、段取りよく仕事をこなすことが非常に苦手。また、人へのお願い事もすごく苦手。結構完璧主義。

ほんと、復帰したら迷惑な社員だな-ってずっと思ってます・・・涙

心配事① 病気の際の預け先

保育園でどのくらい病気をうつされてくるのか未知数。すごく心配です。

【対応策】

  • 一番多くなるのは私が有給と看護休暇を使うこと。休暇日数の確認(有給休暇・子の看護休暇)、なるべく直帰できるような体制作り、突然の案件引き渡しに備える進捗フォーマットの作成、共用スケジュールの徹底。
  • 義理姉が近所。本当に困ったときのみ相応の謝礼を渡して面倒をみてもらえるように先に相談しておく。(ただし向こうにも子供がいるので、本当に緊急な時のみ)
  • 病児保育は登録済み。長期の休みはこれで対応できるか?混み具合などの状況を面接時に確認。→前日朝に連絡すれば大抵大丈夫とのこと。
  • ベビーシッターの面談を育休中に済ませておく。
  • タイミングが合いそうなら両実家にお願いする。
  • 時間をかけて夫に相談する。

心配事② 慣らし保育

育休をフルでとってしまったので慣らし保育分の育休を延長できない。つまり4月1日復帰予定。

  • まずは義理の母と義姉、いとこたちに慣れてもらう!→復帰まで出来る限りテレビ電話。義姉の家に積極的に遊びにいく。
  • 復帰までの期間、できる限り園庭開放に参加する。(毎日参加中)
  • ほかの保育園の一時保育にチャレンジしてみる(済)。
  • 4月頭3日間の有給と時間給を申請(済)。

その2に続きます。

 

広告を非表示にする